SBLM(スーパーバルーンリンキングメソッド)の誕生


NEWS

  SBLM(スーパーバルーンリンキングメソッド)の誕生

SBLM(スーパーバルーンリンキングメソッド)の誕生

2020/06/10

 

SBLM(スーパーバルーンリンキングメソッド)のはじまり

きっかけはデメキンでした。

2002年から毎年弊社のスタッフでバルーンを販売している江戸川区の金魚まつり。
もちろん目玉はIN's Balloon の金魚風船です。

土曜・日曜の二日間、社員が二人がかりで膨らませ続けます。

数年目から、デメキンができないか、考えていました。
印刷でごまかしたり、ぬいぐるみに使う目玉を貼り付けたりしましたが、
もちろんデメキンには見えません。
諦めかけていた時に、ふと思いつきました。

目玉も風船で作り、小さな穴を貫通させて両面テープで貼り付けたらどうだろう?

ヘリウムガス入のバルーンに詳しい業界人なら、一笑に付す考えです。
ゴム風船はもちろん、ポリエチレンでさえ、
ザルのようにヘリウムガスは透過して漏れてしまいます。

まして両面テープでなんて(苦笑)

 

でも、何事でもやってみるもんですね!
予想に反して、ヘリウムガスは漏れませんでした。少なくとも接続部分からは。

 

こうして2015年の4月に完成したIN's Balloonパンダ出目金はその年の7月の金魚まつりで衝撃的なデビューを飾りました。

 

キティちゃんもSBLM(スーパーバルーンリンキングメソッド)

そして、デメキンと並行して進められていたのがキティちゃんのバルーンです。


キティのおでこについてるリボンをバルーンにしよう!
いや、手足もバルーンにして接続すればぬいぐるみのようなバルーンができるのでは?

なんと胴体に5つのパーツを接続したキティのバルーンは2015年の7月に完成し、7月22日に行われた創業者夫人の葬儀に献納されました(泣)

うきぐるみキティというすばらしい名前は社員のYuki Mochizukiによるものです。

そして世界各国で特許を取得した

『Super Balloon Linking Method』

の呼称 は二代目の古い友人であるNY在住のJun Nakanishi氏に付けていただきました。

 

SBLMのお散歩バルーンシリーズ

人気絶頂のお散歩バルーンシリーズにも、もちろんSBLMを取り入れました。

従来品のお散歩ケロちゃんの目玉を飛び出させて。。。

お散歩アイポップケロちゃんに。

そして、2015年に公開された映画「ジュラシック・ワールド」に触発されて開発されたのが、

お散歩SUPER T-REX です。(さすがにインドミナス・レックスとは名付けられませんww)

 

SBLMにて続々リニューアル

更に従来品をリニューアルしました。
コピー商品に悩まされていたので、なんとか真似のされないSBLMを使う方法を模索しました。

トナカイの角とぞうさんの耳です。 特にぞうさんの耳は試作した時にのけぞりましたー\(^o^)/

 

そして、極めつけが

2019年発売のお散歩ドラゴンです。

試作担当のYuki氏とデザイン担当のSugimoto氏の最高傑作ではないでしょうか?

同じく2019年発売のお散歩ラマさん。
紙の耳のコピー商品とは次元の違うバルーンになってます。

ここまではガス用バルーンについての開発秘話でしたが、

もちろんエアー用バルーンにもSBLMはすばらしい効果を与えます。

 

2017年発売のポップアップウエディング。

飛び出す絵本のような世界初のバルーンとなりました。

 

SBLMの新作 究極のバルーンORIZURU

そして、SBLMを使った究極のバルーンが2019年、令和元年に完成しました。

 

三代目制作のORIZURUです。 3サイズ、14品種の華々しいデビューでした。

そして、それに触発されて二代目が作った

ホワイトスワン。

可能性は無限です!

今後はSBLMを使ったSP用バルーンもどんどん登場すると思われます。

実はすでに制作したSP用バルーンもあるのですが、事情により公開できないのです。

 

このように、エスエージーバルーンズでは、日々バルーンの可能性を追求し、

新たな商品開発やお客様の店頭ツールやSPツールの製作を行っております。

 

バルーンでの展開やデザインにもしご興味があれば、

お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちらから